OUR STORY

ブランドストーリー
OUR STORY

  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image

今思えば、ミナセのスタート地点は1本の段付きドリルだったかもしれません。
多くの時計メーカーの製造で使われている私たちの工具で自分たちが考える理想の時計を作ったら、一体どんなものができるのか。私たちミナセはそんな想いから始まりました。

ミナセの母体である協和精工株式会社は、切削工具メーカーとして1963年に創立されました。まず手がけたのが金属の精密加工用ドリル。その後ビジネスを続けてドリル製造と金属切削のノウハウを蓄えた協和精工の技術力に時計メーカーが着目しました。彼らはさらに難しい注文を出しました。複数回の工程が必要なリュウズの穴を一度で開けられるドリルが欲しい、と。段形状の穴に芯を出して精密にしかも刃持ち良く彫れるドリルは、当時の日本に存在しないものでした。これが協和精工独自の段付きドリルを作るきっかけとなりました。これによりさまざまな産業分野で金属を効率良く、しかも精密に加工できるようになりました。ただ、もちろんそのときは自分たちの時計を作ろうとは夢にも思っていませんでした。

段付きドリルで時計の製造に参入した私たちは、そのドリルを使って工具事業と並行して時計ケースメーカーとしてのビジネスを始めました。メーカーの希望の意匠を実現させるために、必要な加工に合わせてドリルや治具などを自分たちで作りました。プレス、切削のノウハウを得て、技術力が高まれば、手がける時計が複雑になっていくのは当然です。

やがて私たちはブレスレットやケースを、量産品だけではなく高級品向けにも製作するようになりました。その中には、世界的に知られるメーカーや時計も少なくありません。当然、高級時計は加工の精度、磨きの美しさなど要求は厳しく、研磨の技術を私たちは身に付けました。最初は見よう見まねでしたが、しかし工具屋としてのプライドは、結果として協和精工を時計作りのエキスパートへと変えていく原動力となったのです。こうして穴開け、ケースの切削と鍛造、ブレスレットの製造、そして研磨と協和精工の時計事業は広がっていきました。

工具はある。ケース作れる。完成品のOEMも経験した。やはり、自分たちの思う理想の時計を作ってみたい。

そこで私たちは、ミナセというまったく新しいブランドを立ち上げることにしました。2005年のことです。ブランド名は、工房のある秋田県の皆瀬(みなせ)から。奇しくもこの地は、スイス時計産業の聖地といわれるジュウ渓谷に似ています。雪深く、都市から離れた皆瀬の地。しかしこういった地理的な制約は、皆瀬の人々に忍耐力という職人には欠かせない特性を与えることになりました。優れた工具と治具、製造のノウハウと優秀な職人を手にした私たちは、理想の時計、つまり100年後も語り続けることのできる時計作りを目指そう、と考えたのです。

ケースメーカー時代に蓄積したノウハウは今のミナセにも息づいています。たとえばケースの下地処理であるザラツ研磨。日本の高級時計ならではのザラツ研磨を、ミナセは高級時計の外装を作っていく中で学んでいきました。こうして、メーカーからの高度な要望に応えていくことで、1996年には時計の設計開発から製作までを手がける、総合時計製作メーカーとなったのです。

2005年の「マスタークラフト」シリーズに始まった私たちの試みは、2011年の「HiZ(ヒズ)」シリーズでひとつの完成を見ました。MORE構造、ザラツ研磨、ケースインケース構造など、造形を複雑にするほど、外装の部品点数は増え、製造は難しくなります。しかし私たちは、新しいHiZ(ヒズ)で、日本人のモノ作りの精神を具体化したかったのです。

1本のドリルから始まった私たちの挑戦。それはこれからも続いていきます。

Return Top