EVENT

銀座三越 ミナセフェア開催のお知らせ

銀座三越 ミナセフェア開催のお知らせ

銀座三越 ミナセフェア


会期:2017年3月22日(水)~4月4日(火)
会場:銀座三越M2時計


ミナセフェアが開催されました。
エングレーバー金川恵治先生のミナセの時計に彫金した作品が特別展示されました。


4月1日(土)に、エングレーバー金川恵治先生がMINASE時計への彫金実演を実演しました。


エングレーバー金川恵治


- 金川恵治先生 新作品 -
(世界でたった1本の時計!)

『 月花(げっか) 』
MINASE X  KEIJI KANAGAWA
コラボレーション

《 銀座三越ミナセフェアにて 2017年4月1日 》

「月」と「花」の文字を正統的な日本の美感のある「崩し文字」として高次元に「意匠」、精緻に文字盤にエングレービングして見せる。
エングレービングという括りではなく赤銅に荷上げなど日本の伝統工芸技法を惜しみなく積み込んだ日々の技術の蓄積がこのたった1本の時計を作り上げました。



エングレーバー金川恵治


お客様を前にして失敗の許されないエングレービングを違った環境でも難なくこなして見せてくださいます。
金川先生の力に改めて脱帽です。


金川恵治先生のお話:
「意匠は、①花の輪郭の中に『 麻の葉模様』と月花の文字を彫り込む、②その後部に月をイメージさせる輪郭の中に 『紗綾形(さやがた)模様』を彫りで表現した作品だ」
「赤銅を煮上げ着色で黒くした後、彫りを入れ赤銅色を出し、月花の文字に赤く色を入れた。」
「①麻は生長が速く丈夫なので、めでたい模様、特に産着(うぶぎ)につける風習があり、②紗綾形(卍崩し)は、不断長久(ふだんちょうきゅう)《 絶えず長く続く 》ということで家の繁栄や長寿などの意味を持つ。」

この技術をまじかに見れるのは
以下の2回です。


伊勢丹新宿店メンズ館8階 メンズウオッチ
4月8日(土)14:00~、16:00~
日本橋三越本店6階時計サロン
4月9日(日)15:00~、17:00~


テレビ東京系 YOUは何しに日本へで紹介され問い合わせを多くいただいた金川恵治先生の実演を間近に見ることが出来ます。
是非この機会をお楽しみください!

YOUは何しに日本へ?YOUは何しに日本へ?
2017年3月20日放送回にて、金沢恵治先生の実演が紹介されました。
Return Top