EVENT

第19回 日本橋三越本店ワールドウォッチフェア。
カメラマン「高橋 和幸」氏によるフォトセッションを開催しました。

第19回 日本橋三越本店ワールドウォッチフェア。カメラマン「高橋 和幸」氏によるフォトセッションを開催しました。
日本橋三越本店で8月17日より「第19回 日本橋三越本店ワールドウォッチフェア」が開催されました。
開催期間中には、トークショーやデモンストレーション、特別展示など様々なイベントが行われました。
8月25日発売「MINASE HiZ Series」の新商品も手に取ってご覧いただけ、大変好評を頂きました。

会場:日本橋三越本店 本館7階 催物会場
会期:2016年8月17日[水]~29日[月]※8月23日(火)・30日(火)は店舗休業日
フォトセッション:2016年8月20日[土]・21日[日]午後2時~午後7時
第19回 三越ワールドウォッチフェア

カメラマン「高橋 和幸」氏によるフォトセッションを開催しました。


第19回 日本橋三越本店ワールドウォッチフェアにて8月20日[土]・21日[日]午後2時~午後7時、カメラマン「高橋 和幸」氏によるフォトセッションを開催しました。


1951年、徳島県鳴門市に生まれる。父親の影響で幼少の頃から一眼レフカメラを手にし、風景、人物などを撮る。中央大学卒業後、出版社の写真部を経て、1983年に独立。
1985年、株式会社パブリックアートカムパニー設立。自社スタジオを構え、商品、時計、料理、人物など、雑誌・広告で幅広く活動。1997年に日本で唯一の卓球専門月刊誌「卓球王国」を創刊。初代・発行人を務める。
作品にエデイ・タウンゼント写真集「OK!BOY」、黄昌泉「四川名菜譜」などがある。
Return Top